<< 壁博7終わりましたー! | main | ★自家通販受付中★(7/8〜8/31) ※終了しました※ >>
2017.09.25 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.08.06 Thursday

ジュラシック・ワールド観てきた!

8/5の公開初日に行ってきました、『ジュラシック・ワールド』!
あ、誕生日だったので「どこ行きたい?」と職場の友人達に聞かれ、これを逃してなるものかと所望したのがこれでしたw
みんな興味なかったら申し訳ないな〜、映画館内散会する?って聞いたんですが、結局全員でジュラって、笑って、泣いて、すこぶる楽しい一日を過ごせました!久し振りに休日に外出たー!(ダメ引き籠り)

本当は噂の4Dを体験してみたかったんですけど、実写の進撃が4D中とかで、ジュラシックは8/7〜じゃないと観られなかったんですよね……残念……(´・ω・`)
でもでも!ものっすごく面白かったです!個人的にはもう一回、今度は4Dで観に行きたいくらい!期間中に一人でも行ってこようかと思ったんですが、あれすごいそうですよね……。びっちょびちょになるんでしたっけ……。やっべ……行きたい……。

ということで『ジュラシック・ワールド』!
現代なら本当に日常に起こり得そうで、でもギリギリ科学ミッションインポッシブル〜みたいな非日常(恐竜パーク作るとか)と、アメリカならではのエンタメ融合の傑作だなと思いました!
ので、以下ちょっと興奮した感想。


 
【ジュラシック・ワールド】

『ジュラシック・パーク』のシリーズを知らなくても充分これだけで成立してると思います。でも知ってたらより一層楽しめるマニア向けの仕掛けが随所に散りばめられてて、細かい無駄な遊び心が憎い演出でした。製作者側の遊び心が邪魔しないってすごいですよー!大好き!

パーク時代の暴走を踏まえて、ちょっと遺伝子弄って新種とかのハイブリッドも勝手に作ったりしてるけど、新しくより安全なアイランドへようこそー!みたいな舞台設定です。クルージングで離島がまるまるテーマ・パーク&施設は、まあ万一あっても確かに色んな方面で安全です。サバイバルにももってこいだwktk!wktk!!!と期待高まる。

メインの登場人物はおおまかに
オーウェン(野性味あふれる頼れるおいちゃん。元海軍。現在ラプトル調教しつつ恐竜飼育のエキスパートに。どういう経歴だすごいな)、
クレア(すげー気の強い美人施設責任者。子供苦手。数字を追うくせに、情に厚かったり。単純に私が好み)
ちょっと歳の離れた兄弟(恐竜オタクの弟と思春期真っ只中兄。ちなみに両親離婚調停中で、クレアの甥っ子達)
悪役配置の元海軍おっさん、マッド(とも言い切れない)科学者リー先生、恐竜たち(ラプトル超かわいい)
こんな感じですかね……。

ちなみにリー先生の言い分は至極真っ当だと思います。
なんでこんな凶暴なの創ったんだと責められて「私はマッドサイエンティストですか?創れと言ったのはあなただ。もっと怖く!もっと凄いのを!……私じゃなくても誰かがやってた(意訳)」本当それな。ただ一点。生み出す責任を取らなかったからマッドなんだよと思います。そこで予想外の新種と命を共にするぐらいの覚悟があれば、超絶格好良い科学者でした。たぶん惚れてた。(そこじゃない)

さて。
姉夫婦から甥っ子を預かったけど仕事重視で自分の秘書にまかせっきりなクレアさん。新種の恐竜がちょっとヤバいなと思いつつ、スポンサーの命令で、一度デートしたけどすごく反りが合わなかったのでガン無視してたオーウェンと安全面の話し合いへ。待って。その二人のデートの馴れ初め無いの!?待って待って。すごい気になる。そこもしかしてカットになったの?DVD出たらディレクターズカットにある?!買うね!?と思いながら観てました。すみませんwww
会話の応酬から察するに、結構いい雰囲気になるのに土壇場できっちりしたいクレアと、アメリカーンかいぐーん!!なオーウェンの細かい所が噛み合わなくて喧嘩ップルだったんだろうなと推測しつつ先へ。

新種の恐竜がものすごく知能が高く、囲いを破り脱走するところからだんだんジュラシックの王道世界へ。うんうん。いい感じ。細部に恐竜を見世物として舐め腐ってた人間の怠惰への制裁とばかりに、バリムシャペロォ……、されていくのは、だーよーねー!と思います。可哀想だし残酷だけど、怖いけど、そうなるんだろうなと見える未来です。
いいぞ。いいぞ、ジュラシック。

最初は脱走もすぐ捕獲出来ると踏んでいたんですが、どんどんパーク内に近づいていく新種。で、レンジャーのような方々が、新種の策略に嵌って次々にパックンされていきます。ここで怖いのが、この新種。ティラノに色々な動物の遺伝子を組み合わせているので(トップシークレットなので全部は教えてくれない)、追いかけてる最中に「どうして擬態が出来るんだ!?ギャー!」ごっくん。とかなります。すげえ怖いです。暴君トカゲに必要以上の知能が備わったら、あれ、本当に丸腰無理だわ。ミサイル系必須だわ。

やっとのことでパークの客避難を誘導し始めますが、公園内を自動操縦による草食恐竜散策に出ていた兄弟、両親の離婚を心配して元気のない弟くんを励まそうと避難指示を無視してぐんぐん突き進みます。弟くん「ダメだよ、戻れって言ってる」(No,とかの言い方が超可愛いんですよ。恐竜については饒舌で頭の回転早そうなのに、兄を頼ってる弟!って感じがすごいKAWAII)無視して立ち入り禁止に入ります。襲われます。はい、王道!大好き!そうこなくっちゃ!わかってるけど、すげー怖いー!!!ヒュー!!!!

避難客の中に甥っ子がいないとわかってクレア顔面蒼白。秘書から目を離してる隙に逃げたと伝えられ、どうやら新種の方にいるとわかり「彼なら!」と一旦自分で追いだしたオーウェンに助けを求めます。もうめっちゃくちゃ自己中だな!だがそこがクソ可愛いぞクレア!大好きだ!いいぞもっとやれ!と私がガッツポーズ。しかもあっさりOKしてくれるオーウェン。おま……っ、ちょ、萌える…、萌えるからやめて……、ジュラシックなのに君ら気になって仕方ないわもう…やめ……あああ(∩∩)
でも甥っ子の歳を聞かれて正確に答えられないクレアに「わからないんだな」って責任放棄をチクッと刺すのもたまりません。指摘されたクレアの「とにかくこれっくらいの兄弟なのよ!!!( இ益இ#)ギリィィイッ」←こんな気分よくわかるwwww

なんやかんやで二人で危険な森の中へ。兄弟が逃げてるらしい状況を察し、危険だから君は返れと諭されたクレア。聞く耳を持ちません。でもこれ多分、姉夫婦の状況と自分に向けられる甥っ子達の愛情と、それをわかってるのに上手く返すことの出来ていない自分の不甲斐無さとか、設備の不具合による現状と、スポンサーの意向と自分の本心との板挟みとか諸々あって、甥っ子達は私も探すの!(ダンッ)となってる感じで可愛かったです。真っ白スーツスカートなので「そんな格好でか」と鼻で笑われて、どうすんのかなーと思ったら、ただ上着縛ってヒラヒラしないようにしただけで(それしかないんだけどw)「ドヤッ!」とする場違い感がクソワラでした。隣で観てた外国人のお客さんと一緒に噴き出しました。

逃走中の兄弟が間一髪で川に飛び込んだり、旧ジュラシック・パークの遺物に助けられたりしつつ仲を取り戻す兄弟愛良い。とても良い。ていうか弟くん本当可愛い。何だあの笑顔。あのもっしゃ〜してる髪型。超いいこいいこしたいわ。くっそ。かわいい。ダンッ。
二人を探す途中、アパトサウルス(かな…違うかもしれません;)の群れが殺戮されてる現場にクレア達が居合わせるんですが、臨終を看取るまでの描写で涙。ジュラシック・パークの時と違って、新種の恐竜は恐竜じゃないんだ、という違いをまざまざと見せつけてくれます。殺戮を楽しんでるんですよね。楽しむ、という人間の感覚では語弊がありますが、少なくとも生存に関わらないところで生物に命を絶つ新種。自然とは、命とは、を考えさせます。

多額のお金をかけて開発した新種を本当は捕獲したかったんですけど、ちょっと被害がやばいね?となって爆撃に転向しますが、失敗します。そうだろうなという展開。そのせいで逃げたらアカンだろと思われる翼竜館のパレスぶち壊して、避難してたパーク内のお客さんめっちゃ襲われる。ぎゃー!怖い怖い!上からとか無理!啄まれるとか無理ー!ひー!でもそんなところがジュラシックー!いいぞー!!ぎゃー!!!怖い痛い怖いー!!

そんなパニック中に兄弟と合流――と思いきや翼竜にめっさ襲われるオーウェン!絶体絶命!というところでクレアがズガゴーン!と彼を襲う翼竜をぶちのめします。アメリカン!アメリカンクールレディ!!やると思った!!
思わぬ助けに「女神…」となってるライナーみたいな感じで思わずキスするオーウェン。そこで!?そこでするの!?いや、なんか絶対すると思ったけどね!?でもほら、すごい翼竜飛んできてるよ!!!??爆笑が止まりません。隣の外国人さん口笛と拍手。横の友達もお腹抑えて涙拭ってました。あかん。すごい好き。

でも本当クレアいいキャラなんですよ……。一応女性だし、いいなと思った女性だし、っていうのでオーウェンがそこはかとなく手を差し出したり、逃げる助けをしたりするんですけど、そんなフラグをとことんボッキンボッキンのバッキンバッキンにしていくクレア。恐竜に襲われたら自分を待ってたオーウェンが手を差し出したの完全スルーして大股全力疾走とか、「(((( ;゚Д゚)))ウソヤアアアン!!!!!」て顔でオーウェンが見てて随所に笑わせてくれます。いや、すごい命のかかった必死の逃走シーンなんですけどね全部!エンタメの入れ方上手すぎか。
「良かった!無事ね!」なクレアに「……え、その人誰」と思わず真っ当な質問ぶつける兄弟も、ほら、君らのすぐ近くに翼竜がね!逃げようね!wwww

色々な人間同士の利権関係で勝手に恐竜を使われたり、邪魔されそうになったりしつつ、オーウェンが躾てた四頭のラプトルとバイクで森の中を疾走するシーンでは、兄弟ならずとも思わず「Cool……」と呟きそうになります。めっちゃかっこいい。自然ではないものの象徴ではあるんですけど、単純に憧れの具現化ですねこれは。ラプトルかわいいよーかわいいよーかっこいいよー!!!

まあこの後は新種にボリムシャア!ラプトルが、アッアッアッ!!!パーク内に戻ってきて、悪役元海軍がぎゃあああ!となって、最終決戦になるわけですが、新種vs恐竜!の構図への持ってき方が、あ〜収束上手いな〜!!!かっこいいわ〜!!!と。ハイブリッド出しといて、人間で収めます、じゃあきっと私の心が炎上しました。見方をかえれば、人間の不始末は人間で、というのもありなんですが、私的にここは「人間の創りし、そして人間の手にあまるものに駆逐される人間」が良いなーと思うので、あんまり人間をヒーローにされてなくて好きでした。

モササウルス……モササウルス……一番悪くないけど一番怖いモササウルス……秘書が……モササウルス……ここ、ぜひ……トラウマっていただきたいからネタバレしない……すごく、すごくモササウルスです……モサ、サウル、ス……_:(´ཀ`」∠):_

ラスト、兄弟と両親の再会、姉とクレアの再会にちょっと涙。
これね、ジュラシック・ワールド・クライシスが終結しただけで、今後も含めて他の関係性も一切完結してないんですよ……シュール……人によって良くも悪くも取れる終わり方。希望があるのかないのか。兄弟の家族とか。クレアとオーウェンの関係も、すごく幅広くて、もう本当アメリカン・エンターティンメント・シニカルアワー!!!!!(何言ってんだw)

一言で言うと、面白かったです!
パンフとラプトルの可動式フィギュアを買ったくらいに楽しみましたwww

おわり。


 
2017.09.25 Monday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM